特別送達

裁判所から届く書類の中には、特別送達という書類があります。

この特別送達というのは、中に訴状が詰められており、
厳格な形式を持って配送される郵便です。

見た目はかなり仰々しい感じになっています。

茶封筒の表には、特別送達という赤文字が記載されており、
見るからに厳格な書類というオーラが出ています。

このような書類を受け取った人の中には、
びっくりしてパニックになってしまう人もいるほどです。

特に、本人ではなく、本人の家族が受け取った場合は、
そのショックが通常よりも大きいことが多いようです。

しかもこの特別送達は、厳格な本人確認があります。

通常の書留は、必ずしも本人確認が厳格ではありませんが、
特別送達の場合は、誰がそれを受領したのかまで確認されます。

このような重々しい書類が届くと不安になってしまう
という人がとても多いです。

これらの書類は一般の人にとっては、過度に不安を
煽るような書類なのかもしれません。

もしこのような特別送達を受け取った場合は、
自分だけで悩まずに早い段階で法律の専門家に
相談するというのが精神衛生上も良いでしょう。

1人で抱え込まないことが何より大事なのです。